更新日:2014/11/28

住宅ローンの金利は常にチェックしましょう

一口に住宅ローンと言っても、商品を提供している金融機関ごとに細かな違いがある。そもそも金利の設定自体にバラつきがあるし、どの金利タイプの商品を利用するかによっても、その後の金利負担が大きく変わってくる。できるだけ有利な条件でローンを組みたいと考えるのが当然だが、簡単に有利なローンを見極められる奥義のようなものは残念ながら存在しない。ただし、あえて奥義を述べるとしたら、常に新しい情報をキャッチするアンテナを張り巡らせておくことだと言うことができる。

住宅ローンの金利は、日本経済の影響だけでなく、世界経済の影響も受ける。なので、為替相場の動きや株式市場の動向などについては、常にチェックしておくことが大切だ。それらに関する情報をできるだけ多く集めるようにしていれば、今後の金利の動向について、ある程度の予測を立てることが可能になる。現在のように金利水準が最低レベルになっている局面では、変動金利タイプのローンを利用するのが得策だ。もしも、想像以上のスピードで景気が回復するようなことがあったとしても、それが金利に反映されるようになるのはかなり先のことになる。ただし、どうしても心配な場合には、とりあえず変動タイプのローンを契約しておいて、途中で見直すという方法を取ることもできる。